電子タバコのグローには害や危険性があるって本当?

電子タバコのグローにはどんな成分が含まれている?

電子タバコのグローにはどんな成分が含まれている?

紙製のタバコによる健康への影響や、副流煙による他者への影響が議論になり、規制が厳しくなっている中、電子タバコが注目されています。

その電子タバコの一つ「グロー」にはどのような成分が含まれているのでしょうか。

そもそも紙製のタバコと電子タバコの違いはどこにあるのでしょうか。紙製のタバコは、ニコチンやタールが含まれた煙を吸います。

ニコチンには中毒性が、タールには発がん性があることが確認されています。一方、電子タバコには、ニコチンやタールが含まれていません。

エタノールやプロピレングリコールといった成分が含まれた水蒸気を吸います。電子タバコの成分には有害物質は含まれていません。

紙タバコと違い、一酸化炭素を含んだ副流煙も出ないので周囲への影響もありません。

電子タバコのグローは紙タバコより危険?

電子タバコのグローは紙タバコより危険?

電子タバコのグローは火を使わずに加熱して水蒸気を吸う方式であり、有害な副流煙が少ないので周囲への影響は紙タバコのような火事の危険性がなく他者への健康被害も抑えられる安全性の高いものです。

利用者本人への影響は、グローの公式サイトの注意書きで明記されているように成分にニコチンが含まれている依存性のある製品です。

紙タバコと同様に吸い過ぎれば肺がんや心筋梗塞、脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性があるとされています。

また、紙タバコの有害物質を90%カットしているとされていますが第三者機関の研究結果はなく、例えばニコチンについては煙から計測するものなので電子タバコでは計測できないので含有量が記載されていません。

有害物質は軽減されていると思われますが、公式にも有害性は否定されていないので使い過ぎには注意しましょう。

電子タバコのグローは副流煙の害が強い?

電子タバコのグローは副流煙の害が強い?

たばこの副流煙を嫌いな人は多いと思います。副流煙は吸っている本人は気が付きにくいもので、狭い室内や車の中ではすぐに嫌なニオイが充満してしまいます。

たばこの副流煙には体に有害なものも含まれていて、健康には悪影響です。そういった面を考慮して、現在は吸う人と吸わない人をしっかりと分ける分煙が進んでいます。

たばこを吸うことができる場所も減っていて、現在では喫煙スペースでしかたばこを吸うことが出来ない場所も増えています。

嫌な煙を出さないようにするには、電子タバコのグローを使うと良いです。

電子タバコのグローはたばこのように有害な副流煙を出さないので、健康を害するようなこともありません。健康を考えるのであれば電子タバコの方が良いでしょう。